農業経営コンサルティング
農業経営コンサルティング
   


集落営農で「経営の効率化」や「農業の継承」をめざしませんか

  集落営農とは、集落単位で、農業                                
生産の全体または一部分に協力し
て取り組むことです。
 現在、日本では、規模が小さく個々
で経営の効率化を図ることが難しい
農家や、後継者不足から農業を継承
すること自体が困難な農家が少なく
ありません。
 こうした背景から、歴史的に農地や
農業用水などを共同で維持管理して
きた「集落」を単位として、一体的に
農業に取り組むことが推奨されています。



集落営農の主な形態

集落営農の形態は様々ですが、大きく以下の3パターンに分けられます。



集落内の合意形成から法人化支援まで総合的にサポートします

 集落営農は、集落内の合意形成を得るために、現状の把握や意向の調査、目指すべき方向性など、検討・決定しなければならない事項が多々あります。また、選択した集落営農の形態や規約によっては、法人格を持たない状態でも、法人税が課税されたり、組合員に対する配当に所得税がかけられたりする可能性があるため、会計や税務上の知識を要求されることも少なくありません。
 集落内の合意形成から法人化への支援まで、段階に応じて、様々な支援策を用意しております。ぜひ、当事務所のノウハウをご活用ください。


           サポートに関するご相談・お問い合わせは、当事務所までお寄せください!
                皆様の状況に応じて、最適なご提案をさせていただきます。

                                   
                       
お問合せ
木林会計事務所
〒930-0846
富山県富山市奥井町22番6号
TEL : 076-441-7261
FAX : 076-441-1028
メールでのお問合せ